情シス特化型メディア SYSZO

投稿日時 - 2015.05.11 10:51:30

ユーザーさん

うるう秒(2015年7月1日)について

Windowsシステムでうるう秒挿入による影響はないか?

今年の7月1日にうるう秒が挿入されます。
それに伴う影響調査をしているのですが、Microsoftとしては、
「Windowsシステムは一時的に1秒ずれるがそのシステムの次回の時刻同期のタイミングで正常な時間になるから問題ない」
としています。

ということなのでWindows単独としては問題ないのでしょうが、Linuxと連携しているWindowsシステムに影響が出ないかがよく分かりません。

例えばメールサーバがLinuxで、そのサーバから「○○分60秒」などのおかしなヘッダーのメールがWindowsのクライアントPCに届いた場合でも問題はないのかが気になっています。

「別にそれでもWindowsとしては問題ない」
「というかそこまで気にしてたら調査は終わらない」
など、同じような調査依頼を受けた方がいらっしゃったらどこまで調査をしたか、どのような結果になったかというご経験を聞かせて頂けると幸いです。

0
いいね
2015.05.11 11:35
desatoさん
うるう秒の対応はそのシステムによっていろいろあるようです。
・「60秒」を挿入する方法。(これが本当のうるう秒)
・100秒前から1/100秒を増やして合わせる。
・1秒になるときにリセットしてもう一度1秒にする。
というのは聞いたことがあります。
(そこまでシビアなシステムは作った事がないのでスミマセン)
  
> そのサーバから「○○分60秒」などのおかしなヘッダーのメールが
それがあったら是時、外面コピーを取って投稿しましょう。


0
いいね
コメントする

ログインしてからコメントできます

急上昇ワード

更新2017.04.27 20:01

SYSZO応援企業