SYSZOランキングβ第1回結果発表

rankingno1

お待たせ致しました!!
先日行われたSYSZOランキングβ第1回の結果がついに出ました!!
まずは以下をご覧下さい。

<ランキング>
1位 Symantec
2位 Trend Micro
3位 ESET
4位 McAfee
5位 Kaspersky

あなたの会社で使っているセキュリ

各製品の導入企業規模と理由については以下になります。
Symantec(回答数:51)
・企業規模
1~10人:0
10~30人:2
30~100人:13
100~500人:29
500人~1000人:3
1000人~:4
・導入理由:信頼性、クラウド上での管理ができる

Trend Micro(回答数:36)
・企業規模
1~10人:1
10~30人:1
30~100人:14
100~500人:13
500人~1000人:4
1000人~:3
・導入理由:信頼性・実績

ESET(回答数:24)
・企業規模
1~10人:0
10~30人:1
30~100人:8
100~500人:14
500人~1000人:1
1000人~:0
・導入理由:動作の軽さ、価格の安さ、管理できる範囲が広い

McAfee(回答数:15)
・企業規模
1~10人:1
10~30人:1
30~100人:9
100~500人:4
500人~1000人:0
1000人~:0
・導入理由:過去からの踏襲

Kaspersky(回答数:2)
・企業規模
1~10人:0
10~30人:0
30~100人:1
100~500人:1
500人~1000人:0
1000人~:0
・導入理由:価格の安さ

【その他】
SOPHOS(回答数:1)
・企業規模
100~500人:1
・導入理由:価格の安さ

AVG(回答数:1)
・企業規模
100~500人:1
・導入理由:フリーライセンス、信頼性

WEBROOT(回答数:1)
・企業規模
30~100人:1
・導入理由:動作の軽さ、モバイルでの利用も可能

Microsoft Intune(回答数:1)
・企業規模
100~500人:1
・導入理由:他のライセンスと複合的に考えた場合に安かった

Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection(回答数:1)
・企業規模
30~100人:1
・導入理由:他のソフトとの関係で

ZEROウイルスセキュリティ(回答数:2)
・企業規模
10~30人:2
・導入理由:価格の安さ

<総括>
抜群の知名度をもっているSymantec・Trend Microがワン・ツーのフィニッシュで予想通りの結果となり、次に動作の軽さには定評のあるESETが続き、中小企業向けのMcAfeeが4位、Kasperskyが5位という結果になりました。

各社ともにオンプレ・クラウドでの管理方法が存在し、100〜500名の会社ですとオンプレで管理サーバーを立てて使用しているところも多いかと思われますが、逆に30〜100名程度だと全てクラウドで管理しているところがほとんどではないでしょうか。
フルクラウド型のWEBROOTを利用しているとの回答もあり、
今後はフルクラウド型のシェアも更に増えていくのではないかと予想されます。

ではせっかくですので、上位各社の特徴もさくっとおさらいしておきましょう!

◆Symantec
言わずもがなノートンセキュリティ製品を取り扱うセキュリティソフト老舗企業。
一般ユーザに知名度が高く、ブランドとして大きな安心感がある。
ただ、英語での記載が多く苦手意識を持っているのは私だけではないのでしょうか。
大企業での導入も多い。

◆Trend Micro
総合セキュリティソフトのウイルスバスターを取り扱う企業。
こちらも知名度が高く、ブランドとしての安心感がある。
Symantecと違いこちらはほぼ日本語の為、安心して使っている管理者も多いはず!
ずっと日本の企業かと思っておりましたが、実はアメリカで創業されていたんですね・・・汗汗
現在は東京に本社があるようです。

◆ESET
動作の軽さ・価格面において定評はあるが、
Symantec、Trend Microに比べると一般の認知度は低い。
クラウド対応については先日オプションとしてのリリースを行ったばかりで
他社と比較すると遅れをとっている印象がある。

◆McAfee
中小企業向けセキュリティソフトを開発している。
Android端末にプリインストールされている場合もあり一般ユーザーへ知名度も高い。
ただ、動作が重いという声もちらほら…
Adobe Readerをダウンロードする際もれなくSecurity Scan Plusがついてきて後から頑張って削除してる方も多いはずw

◆kaspersky
法人向け製品のシェアとしてはそこまで高くはないが、手頃なスモールビジネス向け製品やMDM機能を持ったモバイル用製品などを取り扱かっており、小規模な環境でも比較的導入しやすい印象がある。

また今日のセキュリティ対策の傾向ですが、身代金要求型ウイルスと呼ばれるランサムウェアについての対策も重要視されており感染後の被害を最小に抑えるエンドポイントの対策だけでなく、侵入経路であるEmail・WEBサイトでもしっかりとした対策を行うことが大事です。

という訳で今回のアンケートを機に自社セキュリティ対策を見直してみては如何でしょうか。

You may also like...