システム改修を行いました(2017/12/13)

利用規約 (企業様向け)

syszo広告掲載規約

第1条(適用の範囲)

1. 本規約は、ユナイトアンドグロウ株式会社(以下「運営者」という)が運営するインターネット上での情シス特化型メディアsyszo(以下「本サイト」という) 上における「syszo 広告掲載」サービス(以下「本サービス」という)の利用にかかる申込をした者(以下「申込者」という)と運営者との一切の関係に適用されるものとします。

2. 本規約は、運営者が「syszo」を提供するインターネット上の、ホームページ画面(以下「本サ ービス画面」という)により、申込者に随時提示します。

第2条(定義)

本規約の用語の意義は、次のとおりとします。

  • 1.「syszo」とは、情シス特化型メディア関連サービスサイト(http://syszo.com)または当該サイトに含まれる広告掲載関連サービスの総称をいいます(以下、「syszo」のサービスを指して、本サービスといいます)。
  • 2.「原稿」とは、本サービスに掲載するために制作された広告原稿をいいます。
  • 3.「バナー」とは、本サービスに掲載するために制作された広告バナー画像をいいます。
  • 4.「会員情報」とは、個人がsyszoの会員専用機能を利用するために運営者に提供した情報をいいます。
  • 5.「申込者情報」とは、申込者がsyszoのサービスを申し込むために運営者に提供した情報をいいます。

第3条(規約の変更)

1. 運営者は、申込者に事前の承諾を得ることなく、本規約を随時変更することができるものとし、申込者はこれを承諾します。

2. 前項の変更は、本サービス画面への提示、書面その他の手段により申込者に通知します。

第4条(申込者への通知)

前条の場合の他、運営者が必要と判断した場合には、申込者に対して随時必要な事項を本サービス画面への掲示、書面その他の手段により通知します。

第5条(サービス内容)

1. 本サービスの内容は、以下の二種類とします。

  • (1) 本サイト上の全ページ(右カラム)へのバナー掲載、または原稿掲載。
  • (2) 本サイト上の投稿詳細ページ(ページ中央下部)へのバナー掲載、または原稿掲載。
  • (3) スマートフォンにて本サイト表示時のアンカーへのバナー掲載、または原稿掲載。

2. 本サービスは、原則として、サービス提供期間を通じて毎日24時間行うものとし、本サービスの内容をなす各サービスの提供期間(起算日を含む)及びサービスの詳細等については、別途運営者が定めるものとします。

第6条(契約成立の手続)

1. 申込者は、本サービスの提供を希望する場合には、以下の何れかの方法でサービス提供の申込を行うことができます。なお、申込者がかかる申し込みを行った時点で本規約を承認したものとみなします。

  • (1) 書面申込。運営者が交付する運営者所定の申込書に必要事項を記入して署名捺印し、申込書を交付した者に提出する方法。
  • (2) その他運営者が別途定める方法。

2. 申込者により、前項各号のいずれかの方法により申込がなされた場合、以下の規定にしたがうものとします。

  • (1) 運営者は、申込前または申込時に、申込者が以下の各号記載の事項に該当するかに関して、運営者所定の審査を行い、申込者の申込を承諾するか否かを決定します。なお、運営者は、以下の各事項を調査し、必要に応じて申込者にこれらの事項の確認およびこれらの事項に該当しないことを保証する書面等運営者の指定する書面の提出を求めることができるものとします。
    • ① 申込者の実在の有無
    • ② 申込者が過去に本規約違反等による本サービス提供の停止処分又は本サービスの提供契約の解除処分を受けたことがあるか否か
    • ③ 申込内容に記入漏れ、誤記又は虚偽の記載があるか否か
    • ④ 過去に本サービスの利用料金の支払いを怠ったことがあるか否か
    • ⑤ 運営者の掲載基準に違反すると判断する場合
    • ⑥ その他運営者が本サービス提供の可否を決するにあたり必要と認める事項
  • (2) 運営者は、前号の審査をした後速やかに、原稿及びバナー作成に必要な情報を、申込者が申込書に記載した電子メールアドレス、FAX番号又は住所宛に電子メール、ファクシミリ又は郵送の方法により送付します。
  • (3) 申込者は、前号の送付を受けた後速やかに掲載を申し込む広告の原稿及びバナーを作成し、内容を確定のうえ、掲載申請をするものとします。
  • (4) 運営者は、前号の原稿及びバナーの掲載申請を受けた後、申込者および当該原稿及びバナーの内容が本条2-1または以下の各号記載の事項に該当するかに関して、運営者所定の審査を行い、申込者の申込を承諾するか否かを決定します。なお、運営者は、以下の各事項を調査し、必要に応じて申込者にこれらの事項の確認およびこれらの事項に該当しないことを保証する書面等運営者の指定する書面の提出を求めることができるものとします。
    • ① 法令、規則、条例又は公序良俗に違反する場合
    • ② 犯罪的行為に結び付く場合
    • ③ わいせつ図画、文章にあたる場合
    • ④ 事実誤認又は虚偽である場合
    • ⑤ 他の申込者又はその他の者の著作権等知的財産権を侵害する場合
    • ⑥ 他の申込者又はその他の者の財産又はプライバシーを侵害する場合
    • ⑦ 他の申込者又はその他の者に不利益を与える場合
    • ⑧ 他の申込者又はその他の者を誹謗中傷する場合
    • ⑨ 本サービス運営を妨げ又は運営者の信頼を毀損する場合
    • ⑩ その他、運営者が不適当と判断する場合
  • (5) 前号の審査の結果、運営者が申込者の申込を承諾することとした場合、運営者は申込者が作成した原稿及びバナーを本サイトに掲載します。なお、運営者が申込を承諾するにあたり、原稿の一部補正を条件とする場合には、運営者は申込者にその旨を通知するものとし、申込者が補正に応じた場合には、補正された原稿に基づき前号及び本号が適用されるものとします。
  • (6) 第4号の審査の結果、運営者が申込者の申込を承諾しないこととした場合、運営者は申込者に対し、その旨を通知します。この場合、本サービスの提供契約は成立しないものとします。

3. 本条の規定により運営者がサービス提供の申込を承諾せず、申込者が本サービスの提供を受けられない場合であっても、運営者は不承諾理由の如何を問わず何ら責めを負わないものとし、申込者は運営者に対し、異議申立又は不承諾理由の開示その他の請求を行うことはできないものとします。

第7条(原稿内容の保証)

1. 申込者は、運営者に対し、第6条第2項第3号に基づき作成した原稿及びバナーの内容が事実に反しないことを保証するものとします。

2. 申込者は、運営者に対し、原稿及びバナーの内容に第三者の情報が含まれている場合には、該当情報を掲載することに関して当該第三者の承諾を得ていること、並びに当該第三者及びその他の第三者の著作権、商標権、肖像権その他の権利を侵害していないことを保証するものとします。

3. 運営者は前項の事実確認のため、掲載開始の条件として申込者に対して必要な報告を求め、または資料、書面の提出を求める場合があります。この場合、申込者は速やかに運営者の求めに応じるものとします。

4. 申込者が本条第1項および第2項の保証に反し、本サービスの会員その他の第三者との間でトラブルが生じた場合、申込者がその費用及び責任をもって当該トラブルを解決するものとし、運営者は何らの責めを負わないものとします。

5. 申込者は、運営者に原稿及びバナーの作成を委託した場合にも、申込者の指示に基づくものに関しては、前各項の義務を負担するものとします。

第8条(著作権)

1. 本サービスに掲載される原稿、写真、イラスト、バナー、動画等一切のコンテンツ(以下、「本著作物」という)に関する著作権(著作権法第27条および28条に定める翻訳権、翻案権、二次的著作物に関する権利の一切を含む。以下、本条において同じ。)は、運営者に帰属するものとします。但し、運営者以外の第三者が作成し且つ著作権を留保した原稿および写真については、この限りではありません。

2. 前項但し書きの場合、申込者は、運営者が本サービスの提供および本サービスの活性化を目的として本著作物を転載、複製、放送、公衆送信、翻訳、販売、貸与、再使用許諾などをすることを無償で許諾するものとします。この場合、申込者は著作者人格権を行使いたしません。

3. 本著作物に、申込者以外の第三者の著作権が含まれる場合には、申込者が自己の責任と負担において適切に権利処理を行うものとし、運営者は当該権利処理につき、一切の責任を負わないものとします。

第9条(会員情報の取扱い)

運営者は、会員情報の管理責任を負担するものとし、個人が「syszo」会員登録の際に同意した「利用規約」および「プライバシーポリシー」による目的の範囲内においてこれを利用するものとします。

第10条(運営者による申込者情報の取扱い)

1. 運営者は、申込者による本サイトへの広告掲載申込みにあたり以下の目的のため申込者の個人情報を収集・利用します。

  • (1) サービスの提供のため。
  • (2) ご利用いただくサービスの受注登録および運営者による顧客管理のため。
  • (3) ご利用いただくサービスに関するユーザーサポート、及び運営者からの連絡手段等のため。
  • (4) 電子メール、郵送等により運営者のサービスに関する更新情報、キャンペーン情報、アンケート等のご案内をするため。
  • (5) サービスの機能開発、コンテンツ企画等、お客様の利便性を高めることを目的とした情報のデータベース化のため。

なお、申込者から必須項目と定める個人情報をご提供いただけない場合には、サービスをご提供できませんのでご了承下さい。

2. 運営者は、以下の場合を除き、申込者の承諾なく、個人情報を第三者に開示することはありません。

  • (1) 法令の規定による場合。
  • (2) 皆様の生命・健康・財産等の重大な利益を保護する又は公共の利益を保護するために必要な場合。

3. 運営者は、情報処理やメンテナンス等、業務上の必要性により、申込者の個人情報を外部に委託する場合があります。委託先については、個人情報取り扱いの安全性確認、秘密保持契約の締結等、適切な管理を行っています。

4. 個人情報に関するお問合せは、以下までお申し出ください。

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地 新お茶の水ビルディング 3F
ユナイトアンドグロウ株式会社 メディア事業部
E-mail:support@syszo.com

第11条(サービス提供の中断)

運営者は、次の各号の何れかに該当する場合には、申込者に事前に通知することなく、当該事象が終了し、サービス提供が可能になるまでの間、一時的に本サービスの提供の一部又は全部を中断する場合があります。

1. 本サービスのシステムの保守点検を定期的又は緊急に行う場合。

2. 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合。

3. 天災地変、通信事業者のサービス停止、通信回線の障害その他運営者の責めによらない事由により本サービスの提供ができなくなった場合。

4. その他、運用上運営者が一時的な中断を必要と判断した場合。

第12条(サービス提供の停止)

1. 運営者は、本サービスの提供契約成立後といえども、申込者への本サービスの提供が、第6条2項4号記載の各号のいずれかに該当し、又は該当する恐れがあると判断した場合には、申込者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止し、以後提供期間中の本サービスの供給を終了することができるものとします。

2. 前項の停止により申込者が損害を被った場合であっても、運営者は責を負わないものとします。

第13条(サービス内容の非保証等)

1. 運営者は、本サービスの品質及び機能に関して、技術上または商業上、その完全性、正確性及び有用性等につき、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証を行うものではありません。また、運営者は、本サービスにおいて申込者の利用に供されるデータベースその他一切の情報について、正確性、真実性及び有用性を保証するものではなく、申込者が本サービスを利用して行った広告掲載の結果につき、一切責めを負いません。

2. 本サービスの提供または利用に関連して、申込者と本サービスの会員その他第三者との間にトラブルが発生した場合であっても、運営者はかかるトラブル発生につき何ら関知せず、責を負わないものとします。

第14条(サービスの中止)

運営者は、特段の事情により止むを得ず本サービスの提供を中止する場合があります。この場合は、2週間前までに申込者に通知することにより、本サービスの提供に関する契約は全て終了し、運営者は申込者に対するすべての責任を免れるものとします。ただし、すでに支払い済みの料金については、各サービス提供期間の割合に応じて返還するものとします。

第15条(免責)

前条の場合を含め、運営者は、申込者に対し、本サービスの提供不能、又は不完全な提供等の事態が発生した場合であっても故意又は重過失なき限り、当該事態に関連するクレーム又は損害について、一切の責任を負わないものとします。

第16条(料金)

1. 本サービス提供の料金は、別途運営者が定める通りとし、運営者所定の時期及び方法にしたがい支払うものとします。

2. 一旦受領した料金は、第15条を除き、本サービスの提供が停止、中止、中断され又は解除等期間満了をまたずに終了した場合であっても一切返還いたしません。また、この場合、申込者が本サービスの提供終了後も、料金債務を負担する場合には、申込者は料金債務の期限の利益を喪失するものとし、当該料金債務全額を運営者の指定する口座に現金にて一括振込送金するものとします。

3. 運営者が本サービス提供期間内に第1項の料金を変更した場合であっても、当該変更された料金は、変更前にサービス提供の申込を行った申込者には適用されないものとし、変更後新たに申込んだ申込者のみ適用されるものとします。

第17条(損害賠償責任)

申込者は、第19条第2項各号所定の事由に該当することにより運営者に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。また、これらの事由により第三者との間でトラブルが発生した場合には、申込者の費用と責任で解決するものとし、運営者に損害を与えることのないものとします。

第18条(本サービスの提供期間の満了)

1. 本サービスの提供契約は、サービスごとに第5条第2項に定めるサービス提供期間の満了により終了するものとします。

2. 申込者が前項に定める期間満了後も本サービスの提供を受けることを希望する場合には、当該期間満了前までに別途運営者所定の契約継続の手続きを行うものとします。

第19条(掲載契約の解除等)

1. 申込者は、いつでも、運営者所定の方法によりサービス提供の一部又は全部の終了を申し出ることができるものとし、運営者が当該申出を受領した時点で当該サービスの提供契約は終了するものとします。

2. 運営者は、申込者が以下の各号に該当した場合には、何ら催告なくして本サービスの提供に関する契約の全部又は一部を解除することができるものとします。

  • 1) 本規約に違反した場合
  • 2) 申込時に運営者に申告した内容につき事実に反する事項があった場合
  • 3) 第8条第1項又は第2項に基づき保証した事項が事実に反していた場合
  • 4) 第7条第2-4項各号所定の事由に該当した場合
  • 5) その他、上記各号に準ずる不正もしくは違法な行為があった場合

3. 運営者および申込者は、相手方の役員、従業員、代理人または媒介者(以下、「関係者」といいます。)が、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、およびこれらに準じるもの。)であることが判明したとき、または相手方の関係者が反社会的勢力と関与していることが明らかになったときは、通知することによって直ちに利用契約を解約することができるものとします。

第20条(掲載前キャンセル)

申込者が広告掲載前にキャンセルした場合、運営者は広告原稿及びバナー作成のために要した費用があれば、当該費用相当額を申込者に請求できるものとする。

第21条(設備、通信費等)

1. 本サービスを利用するために必要な申込者側のコンピュータ端末、通信機器その他の機器の調達、セットアップ及び接続等は全て申込者の費用と責任において行うものとします。

2. 本サービスの利用に伴う通信費等の費用については、費用が発生した当事者の負担とします。

第22条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第23条(協議事項)

申込者及び運営者は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が生じた場合には、互いに誠意をもって協議し解決するものとします。

第24条(管轄裁判所)

本規約及び本サービスの提供に関して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2016年8月8日 制定
2016年9月13日 改訂
2017年6月27日 改訂

syszo公式アカウントサービス 利用規約

第1条(適用の範囲)

1. 本規約は、ユナイトアンドグロウ株式会社(以下「運営者」という)が運営するインターネット上での情シス特化型メディアsyszo(以下「本サイト」という) 上における、「syszo 公式アカウント」サービス(以下「本サービス」という)の利用にかかる申込をした者(以下「申込者」という)と運営者との一切の関係に適用されるものとします。

2. 本規約は、運営者が「syszo」を提供するインターネット上の、ホームページ画面(以下「本サービス画面」という)により、申込者に随時提示します。

第2条 (定義)

本規約の用語の意義は、次のとおりとします。

  • 1. 「syszo」とは、情シス特化型メディア関連サービスサイト(http://syszo.com/)または当該サイトに含まれる広告掲載関連サービスの総称をいいます。
  • 2. 「本件アカウント」とは、申込者が本サービスを利用するため、運営者が申込者に貸与する法人向けアカウントをいいます。
  • 3.「本件コンテンツ」とは、本件アカウントのプロフィール情報または本件アカウントから発信される情報として、本サービスに表示されるコンテンツ(文章、写真、イラストおよび動画を含みますが、これらに限りません)をいいます。
  • 4.「投稿コンテンツ」とは、本件コンテンツのうち申込者が本サービスに投稿、送信、アップロードするなどして運営者の管理するサーバーを経由して利用者に配信されるコンテンツをいいます。

第3条(規約の変更)

1. 運営者は、申込者に事前の承諾を得ることなく、本規約を随時変更することができるものとし、申込者はこれを承諾します。

2. 前項の変更は、本サービス画面への提示、書面その他の手段により申込者に通知します。

第4条(申込者への通知)

前条の場合の他、運営者が必要と判断した場合には、申込者に対して随時必要な事項を本サービス画面への掲示、書面その他の手段により通知します。

第5条(サービス内容)

1. 本サービスは、本件アカウントによって本サイトを利用できるサービスです。

2. 本サービスは、原則として、サービス提供期間を通じて毎日24時間行うものとし、本サービスの内容をなす各サービスの提供期間(起算日を含む)及びサービスの詳細等については、別途運営者が定めるものとします。

第6条 (契約成立の手続)

1. 申込者は、本サービスの提供を希望する場合には、以下の何れかの方法でサービス提供の申込を行うことができます。なお、申込者がかかる申し込みを行った時点で本規約を承認したものとみなします。

  • (1) 書面申込。運営者が交付する運営者所定の申込書に必要事項を記入して署名捺印し、申込書を交付した者に提出する方法。
  • (2) その他運営者が別途定める方法。

2. 運営者は、次の各号の何れかに該当する場合、その契約の申し込みを承諾しない場合があります。

  • (1) 利用を希望する者が、本サービスを含む運営者および運営者のグループ会社が実施するサービスの利用代金、費用、割増金または遅延損害金の支払いを怠り、または怠るおそれがあると運営者が判断したとき。
  • (2) 利用を希望する者が、本サービスの信用を毀損するおそれがあると運営者が判断したとき。
  • (3) 申込書等に、虚偽または事実と異なる記載があったとき。
  • (4) 前三号の他、運営者が利用契約の締結を適当でないと判断したとき。

3. 利用契約の成立後であっても、申込者が前項に定める事由のいずれかに該当する場合、運営者は何らの通知または勧告をすることなく本サービスの停止または利用契約を解除できるものとします。

第7条 (本件アカウント)

1. 運営者は、申込者の本件アカウントの利用に対し、合理的な範囲内で補助するものとし、かかる補助に必要な範囲で、運営者は、本件アカウントにアクセスし、本件アカウントを操作できるものとします。

2. 運営者は、申込者からの依頼により前項操作を行い、当該操作に起因して申込者および利用者に発生した損害につき、一切その責任を負わないものとします。

3. 運営者は、本件アカウントに関する情報(ただし、本件コンテンツについては、通信の秘密の保護に抵触しないものに限ります。)を、本サービスの広告・宣伝活動に利用することができるものとします。

第8条 (本件コンテンツの表明保証)

申込者は、運営者に対して、以下の各号の事項を表明しこれを保証します。

  • 1. 本件コンテンツが、第三者の権利(著作権、著作者人格権、特許権、商標権、意匠権、実用新案権、営業秘密、名誉権、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権を含むが、これらに限られない。)を侵害ないこと。
  • 2. 本件コンテンツが、公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある内容(過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、その他反社会的な内容を含むが、これらに限られない)または法令によって禁止される内容を含まないこと。

第9条(情報の取扱い)

申込者は、本件アカウントの利用により利用者から取得した一切の情報(個人情報を含みますがこれに限りません。以下、「本件情報」といいます。)を、利用契約の履行に必要な範囲内でのみ使用するものとし、運営者からの電子メールを含む書面による事前の許諾なく第三者に開示、提供または漏洩してはならないものとします。

第10条(運営者による申込者情報の取扱い)

1. 運営者は、申込者による本サイトへの公式アカウント申込みにあたり以下の目的のため申込者の個人情報を収集・利用します。

  • (1) サービスの提供のため。
  • (2) ご利用いただくサービスの受注登録および運営者による顧客管理のため。
  • (3) ご利用いただくサービスに関するユーザーサポート、及び運営者からの連絡手段等のため。
  • (4) 電子メール、郵送等により運営者のサービスに関する更新情報、キャンペーン情報、アンケート等のご案内をするため。
  • (5) サービスの機能開発、コンテンツ企画等、お客様の利便性を高めることを目的とした情報のデータベース化のため。

なお、申込者から必須項目と定める個人情報をご提供いただけない場合には、サービスをご提供できませんのでご了承下さい。

2. 運営者は、以下の場合を除き、申込者の承諾なく、個人情報を第三者に開示することはありません。

  • (1) 法令の規定による場合。
  • (2) 皆様の生命・健康・財産等の重大な利益を保護する又は公共の利益を保護するために必要な場合。

3. 運営者は、情報処理やメンテナンス等、業務上の必要性により、申込者の個人情報を外部に委託する場合があります。委託先については、個人情報取り扱いの安全性確認、秘密保持契約の締結等、適切な管理を行っています。

4. 個人情報に関するお問合せは、以下までお申し出ください。

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地 新お茶の水ビルディング 3F
ユナイトアンドグロウ株式会社 メディア事業部
E-mail:support@syszo.com

第11条 (サービス提供の中断)

運営者は、次の各号の何れかに該当する場合には、申込者に事前に通知することなく、当該事象が終了し、サービス提供が可能になるまでの間、一時的に本サービスの提供の一部又は全部を中断する場合があります。

  • 1. 本サービスのシステムの保守点検を定期的又は緊急に行う場合。
  • 2. 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合。
  • 3. 天災地変、通信事業者のサービス停止、通信回線の障害その他運営者の責めによらない事由により本サービスの提供ができ なくなった場合。
  • 4. その他、運用上運営者が一時的な中断を必要と判断した場合。

第12条 (サービス提供の停止)

運営者は、申込者が以下の各項に該当するときは、本サービスの提供を停止できるものとします。

  • 1. 支払期日を経過しても利用代金を支払わないとき。
  • 2. 管理画面およびアカウントの譲渡・貸与、共用する行為を行ったとき。
  • 3. 第三者の有する工業所有権、著作権その他の知的財産権を侵害したとき。
  • 4. 憲法、条約、法律、条例等あらゆる法規一般に反する行為を行ったとき。
  • 5. 虚偽または捏造した情報を含む情報を配信したとき。
  • 6. 公序良俗に反する内容の情報を配信したとき。
  • 7. 第三者の名誉、信用、プライバシー、権利等を侵害したとき。
  • 8. 運営者または運営者の顧客に不利益や損害をもたらす行為を行ったとき。
  • 9. その他、運営者が不正または不適切と認める行為を行ったとき。
  • 10. 運営者および本サービスの提供または遂行に著しい支障を及ぼし、または、及ぼすおそれがあると当社が判断するとき。
  • 11. Apple inc.、Google inc. その他運営者が利用するアプリマーケットを運営、提供する第三者(以下「プラットフォーマー」といいます。)から本サービスの一部または全部の提供を停止するよう求められたとき。

第13条(サービスの中止)

運営者は、特段の事情により止むを得ず本サービスの提供を中止する場合があります。この場合は、2週間前までに申込者に通知することにより、本サービスの提供に関する契約は全て終了し、運営者は申込者に対するすべての責任を免れるものとします。ただし、すでに支払い済みの料金については、各サービス提供期間の割合に応じて返還するものとします。

第14条(免責)

前条の場合を含め、運営者は、申込者に対し、本サービスの提供不能、又は不完全な提供等の事態が発生した場合であっても故意又は重過失なき限り、当該事態に関連するクレーム又は損害について、一切の責任を負わないものとします。

第15条(料金)

1. 本サービス提供の料金は、別途運営者が定める通りとし、運営者所定の時期及び方法にしたがい支払うものとします。

2. 一旦受領した料金は、第14条を除き、本サービスの提供が停止、中止、中断され又は解除等期間満了をまたずに終了した場合であっても一切返還いたしません。また、この場合、申込者が本サービスの提供終了後も、料金債務を負担する場合には、申込者は料金債務の期限の利益を喪失するものとし、当該料金債務全額を運営者の指定する口座に現金にて一括振込送金するものとします。

3. 運営者が本サービス提供期間内に第1項の料金を変更した場合であっても、当該変更された料金は、変更前にサービス提供の申込を行った申込者には適用されないものとし、変更後新たに申込んだ申込者のみ適用されるものとします。

第16条 (契約の解約)

1. 運営者は、申込者が第12条(サービス提供の停止)の各号のいずれかに該当する場合、同条に定める提供の停止をすることなく、通知することによって直ちに利用契約を解約することができるものとします。

2. 運営者および申込者は、相手方の役員、従業員、代理人または媒介者(以下、「関係者」といいます。)が、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、およびこれらに準じるもの。)であることが判明したとき、または相手方の関係者が反社会的勢力と関与していることが明らかになったときは、通知することによって直ちに利用契約を解約することができるものとします。

第17条 (情報の権利)

1. 申込者が、本サービスに登録した情報の著作権を含む知的財産権は、申込者に帰属するものとします。ただし、運営者はこれら申込者の知的財産権を保護する義務は追わないものとします。

2. 申込者は、運営者に対して本サービスに必要な範囲で本サービスに登録した情報の利用を許諾する(運営者に対する著作者人格権の不行使を含みます。)ものとします。

3. 申込者が、本サービスの利用により取得した、本サービスの利用者(以下、「利用者」といいます。)に関する情報(名前、ID、アイコン用画像、ステータスメッセージ、コンテンツ等を含みますが、この限りではありません。以下、「利用者情報」といいます。)の権利は、運営者に帰属するものとします。ただし、申込者が本サービスを利用し、申込者または申込者が指定する本サービス以外のリンク先において収集する利用者の情報についてはこの限りではありません。

4. 申込者は、本サービスの利用目的以外で、利用者情報を収集または再利用できないものとします。

5. 申込者は、本利用契約が終了した場合、申込者が本サービスに登録した全ての情報が削除されることに予め同意するものとします。

6. 申込者は、本サービスを通じて利用者に配信された情報が、利用契約終了後においても、利用者の端末上に保存され、利用者が継続して利用できることに予め同意するものとします。

第18条 (機密保持)

1. 利用契約により開示された運営者または申込者が有する情報のうち、開示者より機密であるとして開示を受けた情報は、機密情報して取り扱うものとします。

2. 利用契約により開示された運営者または申込者の所有する個人情報は機密情報として扱うものとし、運営者および申込者はその個人情報について漏洩、改ざん、盗聴が行われる事が無いよう最大限の努力をするものとします。

3. 運営者および申込者は、機密情報の漏洩、改ざん、盗聴の事実が発見された場合は、直ちに相手方に電子メールを含む書面により報告するものとします。

4. 運営者および申込者は、相手方の事前の書面による承諾を得ずに機密情報を第三者に開示してはならないものとします。ただし、以下の各号に該当する情報は、機密情報に含まれないものとします。

  • (1) 開示前に既に知っていた情報
  • (2) 公知の事実、その他一般に利用可能な情報
  • (3) 守秘義務を負うこと無く、第三者から正当に入手した情報
  • (4) 開示した当事者が機密情報としての扱いから除外することに事前に書面にて同意した情報

5. 法令または金融商品取引所の規則その他これらに準ずる定め等(以下、総称して「法令等」という。)に基づき、開示者から開示された機密情報の開示を要求され、これに応じて合理的に必要な範囲内において開示をする場合、受領者は開示に先立ち開示者に通知するものとします。ただし、法令等による制限または時間的制約等やむを得ない事由により事前の通知をすることができない場合は事後の通知で足りるものとします。本項の定めに従い開示を行なう場合、受領者は、第1項の規定にかかわらず、機密情報を必要最小限の範囲で開示することができます。ただし、当該開示において開示者から機密情報の機密を保持するための指示があった場合、受領者は法令上および実務上可能な限りこれに従うものとします。

6. 運営者および申込者は、利用契約が終了した場合、または利用契約の有効期間中に開示者から要求があった場合は、当該機密情報およびその複製物等を返還または破棄するものとします。

7. 申込者と運営者の間で、別途「機密保持契約」および「個人情報の保護」(契約名称にかかわらず、同様の目的の契約等を含みます。)に関する契約を別途締結した場合は、当該別途締結した契約を優先させるものとします。

第19条 (損害賠償責任)

1. 申込者が利用規約に違反し、運営者に損害を与えた場合には、その一切の損害(合理的な弁護士費用を含みますが、それに限られません。)を直ちに賠償する責任を負うものとします。

2. 申込者は、本サービスに関連して本サービスの利用者を含む第三者から当該第三者の権利を侵害した等のクレーム、主張、要求、請求、異議等(以下、「クレーム等」といいます。)を受けた場合、自らの費用と責任で当該クレーム等を処理解決するものとし、当該クレーム等に関連して運営者が損害を被った場合には、その全ての損害を直ちに賠償する責任を負うものとします。なお、運営者が当該クレーム等を処理解決した場合には、その処理解決に要した全ての費用は、申込者の負担とするものとします。

3. 運営者は、火災、停電、天災地変等の不可抗力、ネットワークおよびシステムの障害等または第12条11号に定める事由により本サービスの提供を中断ないし停止したとしても、当該中断・停止により申込者に発生した損害につき、一切その責任を負わないものとします。

4. 申込者が本サービスを利用して、外部のサービスへ利用者を誘導する場合、技術上の原因その他の原因により、当該外部サービスを利用者が利用できない場合があります。また、かかる誘導によって、申込者は利用者からのクレーム、プラットフォーマーによる不利益な対応、その他の不利益(以下総称して「本件不利益」といいます。)を被る可能性があります。申込者はこれらの可能性を認識した上で、自己の責任で外部サービスへの誘導を行うものであり、当該外部サービスを利用できない事態が生じることおよび本件不利益について、運営者は一切その責任を負わないものとします。

第20条 (申込者情報の変更)

1. 申込者は、その代表者、商号、住所について変更があった場合は、速やかに電子メールを含む書面により当該変更を運営者に届け出るものとします。

2. 前項の届出があった場合、運営者は申込者に対し、その届出のあった事実を証明する書類の提出を請求することができるものとし、申込者は当該請求に応じるものとします。

第21条 (地位の譲渡および承継)

申込者は、運営者の事前の書面による承諾なくして、本契約上の地位および本契約に関連して発生する権利・義務を第三者に譲渡し、担保の目的に供しあるいは承継させてはならないものとします。

第22条(設備、通信費等)

1. 本サービスを利用するために必要な申込者側のコンピュータ端末、通信機器その他の機器の調達、セットアップ及び接続等は全て申込者の費用と責任において行うものとします。

2. 本サービスの利用に伴う通信費等の費用については、費用が発生した当事者の負担とします。

第23条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第24条(協議事項)

申込者及び運営者は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が生じた場合には、互いに誠意をもって協議し解決するものとします。

第25条(管轄裁判所)

本規約及び本サービスの提供に関して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2016年8月8日 制定
2016年9月13日 改訂
2017年6月27日 改訂


投稿に「いいね!」を集めてamazonギフト券をGETしよう!