質問

2016年05月18日 14時46分
  • 資産管理ソフトについて

質問

社内の資産管理ソフトについて
リプレースを検討しております。
然しながら、そこそこメジャーな資産管理ソフトは
初期費用、年間保守費用も高額なもの多く
中々、社内の理解を得ることが難しくより安価なものを
探しております。

皆さんはどのような資産管理ソフトをご利用ですか??
ご教授いただけますでしょうか??

宜しくお願いします。

<使用要件>
管理台数:3,200台(99% WinPC)
使用用途:PCの基本情報取得(IP、シリアル、空きディスク等)
    :USB機器の制限
    :Webアクセス制限
    :アプリケーション操作ログ保管
    :Webアクセスログ保管
    :プリントログ保管
    :ファイル操作ログ保管
    :インストール済みソフトウェア情報

10件の回答があります

回答

うちもSKYSEAです。結構おおいんですね。
上層部の説得が難しいのであれば、監査法人など外部の人に言わせるのも手かもしれません。

2016年05月26日 12時36分

回答

3200台ならメジャーな資産管理ソフト入れても結構ボリュームディスカウント聞くと思んですが、それでも厳しいとなると現行のソフトを継続するのがよいかと。

ちなみにSkysea使ってます。
最近SS1のデモを見ましたがUIがすごくわかりやすかったです。

2016年05月24日 08時26分

回答

Microsoft Intune 解説記事です。
資産管理面で考えた場合「System Center 2012 Configuration Manager」の機能限定版と考えても良いかと思います。

マイクロソフトが提供するデバイス管理ソフト、「Windows Intune」って何? (3) 資産管理とモバイルデバイス管理 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/06/intune2/002.html

Microsoft Intune | マイクロソフト クラウド プラットフォーム
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-Microsoft-Intune.aspx

2016年05月19日 15時09分

回答

比較的安価で多彩に管理出来るディーオーエス社のSS1や、管理能力は高いですが価格も張るLanscope等は有名ですね。

2016年05月18日 22時22分

回答

うちは4年位Hammock社のaseetviewを使ってます。比較的安価で使い勝手もまあまあです。致命的な障害はありません。
その前は突貫でいれた別のを使ってましたが、具体的に何かは控えます。
QNDはやはりコストなど敷居が高すぎるので、日立のDirector、SkyのSkySeacliantviewを検討しました。
管理台数が全く異なリますが・・・

2016年05月18日 21時26分

回答

ウチはSkyseaで、重宝してます。(_)/

2016年05月18日 20時41分

回答

勤務先で Microsoft Intune を使っています。
(簡易版資産管理ソフト+アンチウイルスソフト)
(出先のため、後で修正するかも?)

(Office 365とセットだと、そこそこ安価?)

<使用要件>
管理台数:3,200台(99% WinPC)
→基本的に Windows だけ対応(一部機能が Android / iOS 対応)

使用用途:PCの基本情報取得(IP、シリアル、空きディスク等)
( IP: ○、シリアル: ?[PC 名がわかると別の台帳でわかるため使用していません]、空きディスク: ○ 設定されたe-mail へ連絡されます)

:USB機器の制限
×(AD で実現?)
:Webアクセス制限
×(AD で実現?)
:アプリケーション操作ログ保管
×(実現予定無し)
:Webアクセスログ保管
(実現予定無し)
:プリントログ保管
(実現予定無し)
:ファイル操作ログ保管(実現予定無し)
:インストール済みソフトウェア情報○(ソフトウェア単位、PC 単位で調査可能)(バージョン違い・パッチワークの有無で別ソフト扱いな事が面倒)

Intune は、グローバルスタンダードの資産管理に必要とされるであろう機能は網羅されているようです。しかし、日本のソフトのようなプラスアルファの機能(クライアントPC監視機能)はありません。

もし、それらの機能が必要な場合には、組み合わせての使用を保証している Lanscope CAT を使用する必要があります。

2016年05月18日 18時42分

回答

うちは400台程度なので、資産情報はSKYSEAである程度管理できています。
とはいえ、やはり小回りが効くExcelでの管理表との併用になっていますが。

2016年05月18日 17時14分

回答

その台数であれば、資産管理ソフトも十分検討範囲ではないでしょうか。
制限やログ保管までやろうとするとメジャーなものを利用するしかないと考えます。

問題の解決の糸口としては、
①desatoさんが仰っているように、そもそも高度な制限が必要でない状態にする。
②高度な制限が必要な根拠を具体的に説明し、予算を取る。
の2点だと思います。

特に、予算を取ることへの理解がされないのであれば、リテラシを高める方向に持って行ってもいいはずです。
「お金をかけない分、協力はして下さい。当然必要な教育はしますが、それでもトラブルを防げなかった場合の責任は各部署で取ってください。」
と強気に回答してもいいのではないでしょうか。
やはり、リスクヘッジにかける予算とトラブル発生のリスクは反比例だと思います。

2016年05月18日 17時10分

回答

3200台とはまた大所帯ですね

ところで、「使用用途」に挙げられている項目は本当にやらなきゃイカンのでしょうか?

社内の理解を得ることが難しく
なるようであれば、業種が判りませんが うるさくない業種(防衛産業とか医療関係じゃない場合)だったらもっと手をぬいてもいいのではないかと。
アプリケーション操作ログ、プリントログ ファイル操作ログは取っておいても見ることないのではありませんか? USB機器の制限、Webアクセス制限 はADやルータに任せる。 Webアクセスログ保管はISPに任せる。 空きディスクなんか管理しないようにするとか。
そうすれば PCの基本情報(IP、シリアルNo、機種)くらいになってそれならExcelでもできるな とか

(ただし厳しい業種でしたら、しっかりした資産管理ソフトやログ管理やWeb制限などをやりましょう それなりのお金も掛けてです )

2016年05月18日 16時45分

あなたもコメントしましょう!


desknet's NEO